サウナ

【それぞれの効果】岩盤浴とサウナの違いは大きかった!

【それぞれの効果】岩盤浴とサウナの違いは大きかった!

今回の内容

サウナと岩盤浴の違いについて

こんな方におすすめのページ

  • サウナと岩盤浴の違いが分からない人
  • サウナと岩盤浴のどちらに通うか悩んでいる人
  • それぞれの効果の違い

暖かい部屋で汗を流すサウナと、岩盤浴には肩こりを改善する効果や、美肌効果などがあると聞いたことがあるかもしれません。

 

どちらも暑い部屋で身体を温めるだけですが、サウナは苦手なんだけど岩盤浴は大好き、という方もいます。

 

似たもの同士なのに、このような違いが出てくるのはどうしてでしょうか?

 

実はこの2つ、汗の質や効果など大きな違いがあるんです

 

この効果の違いを知ることによって、どちらを選ぶべきか答えが違ってきますので事前に比較しておきましょう。

岩盤浴とサウナの違い

サウナ

岩盤浴とサウナの一番の違いは、室内の温度になります。

 

一般的にサウナの温度は80度~90度℃、岩盤浴の温度は35〜45℃に設定してあります。

 

したがってサウナは高温の中にいなければいけないので、苦手に感じる方も多いのですね。

 

そして高温のサウナに入った後は、急激に温まった身体を水風呂に入って一気に冷まします。

 

サウナ好きの人には気持ち良いのですが、この水風呂が苦手な人も多くかなり体力を消耗します。

 

さらには急激に体を温めるので、脱水症状になりやすいです

 

対して岩盤浴は暑いとは言っても、少し蒸し暑い程度です。

 

時間をかけて体が温まっていきますので、脱水症状になりにくいです

 

そして体力もあまり使わないので、体の負担も少ないでしょう。

岩盤浴とサウナのそれぞれの効果

タオルとシャンプー

サウナの効果

『汗腺』からの汗で毛穴の洗浄が出来る

サウナに入り出てくる汗は、『汗腺』から出る汗です。

 

気温が高い時やスポーツの後や、熱いお風呂などでかく汗と同じで身体を外側から温めると出てきます。

 

『汗腺』から出る汗は、体にとっていらない物質のミネラルや塩分を含みベタベタとしていますが、いらないものが出ていくので美肌効果があります。

 

そしてその後水風呂に入ることで、開いた毛穴を引き締めることができますのでセットで入るほうがおすすめと言えるでしょう。

心の疲れをスッキリさせてくれる

『悩んでいた気持ちが少し晴れた気がする』と感じる人もいるくらいに、サウナで汗を流すと、気持ちが穏やかになります

 

緊張している時、ドキドキと動悸がすることがある人は不安や緊張で体がこわばり、筋肉が血管を圧迫しているのが理由です。

 

サウナに入ると悩みや不安な出来事が消せるわけではないのですが、身体が温まると筋肉のこわばりはなくなっていきます

 

そうすると血管を圧迫していた筋肉が緩み、症状が和らぎます。

 

一時的なことですがその間だけでも不安な気持ちから開放されるので、仕事でストレスを抱えている人はサウナを選ぶと良いかもしれません。

岩盤浴の主な効果

『皮脂腺』を開いてサラサラの汗を出す事ができる

岩盤浴に入ると、普段の生活では中々開くことができない「皮脂腺」が開き、サラサラとした良い汗をかくことができます

 

皮脂腺を開くためには、かなりの運動量が必要ですがそんな運動を毎日する人は、なかなかいないでしょう。

 

皮脂腺が開くと肌を保湿する新しい良い脂が出てきて、お肌がつやつやになります。

 

この皮脂腺から出る汗は『天然の保湿液』と言われるほど肌に良い物です。

冷え性の予防

岩盤浴は、体の芯から温めるので冷えの防止になります。

 

冷えは万病のもと』と言いますが、女性は筋肉量が少なく、スカートを履いたりするので手足が冷たくなりがちです。

 

夏でも冷房で冷えてしまうので、季節問わず体が冷たい人も多いのではないでしょうか。

 

会社勤めだと、あまり運動で汗を流す機会はありませんし冷える一方なので岩盤浴に通い定期的に体を温めるのがおすすめですよ

岩盤浴とサウナどっちも入る時の順番

岩盤浴

岩盤浴もサウナも両方ある施設もあると思いますが、どっちも入る時はサウナに先に入りましょう

 

サウナで流す汗は、毛穴の汚れや老廃物などを出してくれるのでまずは体内部のいらないものや、毛穴の汚れを出します。

 

その後シャワーで体から出た汚れを洗い流し、岩盤浴に入りましょう。

 

そして岩盤浴で流す汗『天然の保湿剤』でしっかりと体全体を保湿して帰れば、全身美肌の完成ですよ。

岩盤浴とサウナは似ているようで実は全く違う

サウナ

サウナと岩盤浴は違いますが、どちらも、もっと効果を出そうと張り切って我慢しすぎたり無理な入り方はするのは絶対にやめましょう。

 

ただ寝転んだり座っているだけと思いがちですが、サウナも岩盤浴も暑くてムシムシした室内で大量に汗をかいている状態です。

 

気が付かないうちに、体は運動をしているのと同じくらい疲れますので休憩をはさんだり水分補給をしたり、体に負担がかからないように気を付けましょう。

おすすめ


haru
ご一読ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-サウナ

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5