プールの豆知識

プールでコンタクトは危険!【水泳時どうしたらいい?】

haru-blog

今回の内容

視力の悪い人がプールで泳ぐときの注意点。

 

  • 視力が悪いけど泳ぐときどうしたらいいの?
  • コンタクトを付けてプールに入るはあり?
  • プールサイドまでメガネをかけていくのはちょっと…

 

視力が良い人には全く関係ありませんが、悪い人にとってはどうしたらいいのか分からない、とても重要な問題ですよね。

 

見えないからと言って、普段使っているコンタクトをそのまま付けていませんか

 

ゴーグルをしていれば大丈夫だろうと思いがちですが、コンタクトを付けたまま泳ぐと目の病気にかかってしまうことがあります

 

病気になる前に、今回紹介する内容を実践してみてください。

 

haru
きっと今よりも、もっとプールが楽しくなりますよ。

プールに入る時コンタクトの人はどうするの?

バタフライ

普段コンタクトの人は、2ウィークタイプのコンタクトやハードコンタクトの使用はやめましょう

 

プールの水には塩素やたくさんの不純物も紛れていますので、万が一目に入ると危険です。

 

最悪の場合、炎症をおこしたり病気になってしまうかもしれません

 

どうしてもコンタクトが使いたければ目に水が入ってもすぐに捨てることのできる、ワンデータイプのコンタクトを使用することをおすすめします

 

プールの時だけにワンデーコンタクトを買うのであれば、ネットで購入するのが安くておすすめです。

 

ワンデーコンタクト

メダリストワンデープラス 30枚パック 6箱セット

度付きゴーグルがおすすめ

度付きのゴーグルであれば、数時間のためにわざわざコンタクト付けることもないので便利ですよ。

 

左右で度数も変えることができますので、特別な理由がない限りは度付きゴーグルをおすすめします

 

度付きゴーグル

created by Rinker
¥1,584 (2020/09/21 15:50:00時点 楽天市場調べ-詳細)

コンタクトを付けたままプールに入る危険

水泳でゴール

泳いでいる時にコンタクトがずれてしまうと、手に水が付いているのですぐに直すことがでず、プールの水が付いた手でコンタクトを直すと目は痛いですし炎症や病気の原因になります

 

代表的なもの

アカントアメーバ角膜炎

汚れた淡水や土の中にいる小さな原生動物(アメーバ)がコンタクトレンズに付着し、目にキズが付いて弱っている時などに菌が目の中に入り込んで感染する恐ろしい病気です。感染することはまれですが、非常に治りにくく視力障害を残したり、最悪の場合失明してしまうこともある病気です。

アカントアメーバ角膜炎に感染しないための注意点としては、土を触った手で目をこすったりしない、コンタクトレンズをつけたまま川や湖沼、プールなどで泳がない。また、レンズのケアや保存に水道水を使うことも厳禁です。

ボシュロムオンラインサービス&サポート

また、プールでコンタクトが落ちる危険性があります

 

2ウィークタイプのコンタクトなどはそんなに高くないかもしれませんが、ハードタイプのコンタクトは数万円するものもあります。

 

コンタクトが落ちればまず見つけることはできませんし、見つけたとしても使い物にはなりません。

 

もったいない思いをする前に、初めから外しておきましょう。

コンタクトの人でもプールは楽しめる

プール

泳ぐのは好きだけど、目が悪いからと諦めていた方もこれで十分楽しめますね。

 

今回のまとめ

  • コンタクトは普段使っているものは使わない。
  • ワンデータイプのコンタクトを使い、終わったらすぐに取り外す。
  • 度付きのゴーグルをつける。

 

プールや海に入るときは、このポイントを守り楽しく泳ぎましょう。

 

 

haru
ご一読ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-プールの豆知識
-,

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5