プールの豆知識

プールの塩素で肌荒れ?塩素がもたらす影響&お肌の守り方

プールで肌荒れするのではないか?と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?。

 

確かにプールに行くと、肌は塩素の影響で非常に乾燥します

 

毎日のジムでのプールで汗を流している人は、肌が乾燥しているのに気が付いている人も多いと思います。

 

塩素は肌や髪の毛に悪いことは有名ですが、実際にどのような影響が起こるか分かりませんし対策も取りずらいですよね。

 

あの独特なにおいのする塩素の入ったプールに長時間入ると、あなたのお肌はどんどん傷ついていきます。

 

これからご紹介する対策で、美肌を守っていきましょう。

 

haru
お子様も同様です。

 

  • 健康診断までにダイエットにプールに行っている
  • 子供と一緒に夏休みにプールに行く
  • 子供のプールが始まって子供の肌荒れが気になる

塩素のにおいの正体はこちら

haru-blog
プールのにおいの正体、塩素ではなく『おしっこ』なんです。

今回の内容 プールの塩素のにおいの正体 haruこんにちはharuです。   プールの塩素のにおい、独特ですよね。   ...

続きを見る

プールの塩素は基本的にお肌が乾燥するだけ

スキンケア

塩素は、肌の油を奪うので非常に乾燥します。

 

長時間入っていると痒くなってきたり、酷い場合は炎症を起こしたりします

 

さらに肌は、その乾燥からごわつきだしキメが荒くなります。

 

haru
プールに限らず肌が乾燥すると、肌荒れしますよね。

 

しかし塩素には、肌の油を取る以外には大きな影響がないのです。

 

塩素には角質を落としてくれる働きもあるので、しっかり保湿さえしておけば美肌になることもできます。

 

注意

普段以上の保湿を行わないと、顔はもちろん手足も非常に乾燥し特に冬場はひどく手足が乾燥して痒くなってしまいます。

塩素とは

塩素のおかげで、プールは清潔に保たれています。

 

つまり必ずしも塩素は悪いものではなく、殺菌効果で私たち人間を守ってくれる大切なものです

通常のプールは不特定多数の人間が利用するため、衛生上、水質管理が必要となる。一般的には殺菌消毒のためにプールと付帯施設の足洗い場・腰洗い槽に塩素系消毒剤が加えられている。消毒剤は次亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸カルシウム塩素化イソシアヌール酸のいずれかであり、遊離残留塩素は0.4ppm~1.0ppmを保持しなくてはならない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

「肌荒れ防止」プール後のお肌のケア方法

クリーム

髪への影響は非常に大きい塩素ですが肌への大きな影響は、乾燥のみのなで簡単にできるお肌のケアから始めていきましょう。

 

haru
毎日プールに通っている私に、効果のあった方法です。ケアを怠ると、毛穴の開きやごわつきは酷くなり、手足はいつも乾燥で痒かったです。

 

プール後のお肌のケア方法

  • プールの後は湯船に浸かる
  • 保湿クリームは入念に塗る
  • タオルの使い方を変えてみる

髪の毛への影響はこちら

【プールの塩素】本当に髪は痛むの?痛まない髪の毛の守り方もご紹介

今回の内容 塩素が与え髪の毛への影響と傷まなくする方法   ダイエットでプールに通い始めて、こんな悩みが増えていませんか ...

続きを見る

プールの後は湯船に浸かる

ジムなどのプールがある施設には、保湿効果の高い成分が入ったお風呂がついていることが多いです。

 

シャワーで塩素を流したら、このような保湿効果の高いお風呂に入るのは効果的です

 

学校のプールや市民プールを活用している人は湯船に入れないので、シャワーで塩素をよく洗い流しましょう。

保湿クリームは入念に塗る

お風呂、またはシャワー後は一番乾燥が進む時です。

 

すぐに、保湿クリームを塗りましょう

 

顔だけでなく、全身に塗ることを忘れないでください。

 

普段のスキンケア後にワセリンをうすく伸ばして、保湿効果に蓋をするのもおすすめです。

 

ボディクリームだけでは保湿効果が足りない人も、ディクリームを塗った後にワセリンで蓋をすると保湿効果が高まります

 

綺麗な白色ワセリンがおすすめ

 

ワセリンをプール前に塗るという話を聞いたことがありますが、プールが汚れるので絶対にやめましょう。

 

そしてボディにもボディクリームをしっかりと塗りましょう

 

もしあなたがダイエットでプールに通っているのであれば、すっきりとした体に導く効果が期待できるミネラルボディクリームを使用すると一石二鳥です。


\引き締め&潤いを実現/

ミネラルボディクリーム

今なら15%0FFのクーポンあり

タオルの使い方を変えてみる

意外と見落としがちなタオルの使い方ですが、プール後、またはシャワー後はタオルでゴシゴシ体を拭くのは禁物です。

 

タオルの繊維はもろくなった肌を傷つけます。

 

体を拭くときは優しくタオルを押し当てるように、体についた水を拭きましょう。

 

プールとは関係がありませんが韓国の女優さんは、お風呂後タオルは使わず手で顔の水気を取るそうです。

お肌の肌荒れに関係大!プール後の洗顔は必要?

プール後の洗顔は、あまりおすすめしません。

 

お肌はプールに入ったことで、お豆腐のように柔らかい状態になっています

 

この状態のお肌をゴシゴシと、洗顔するとお肌は傷付いてしまうでしょう。

 

洗顔はせずに水でしっかりと洗い流し、そのまま保湿液などをつけることをおすすめします

 

どうしても洗顔がしたい人は、泡立ちの良い洗顔クリームをしっかりとあわ立てて、泡だけで優しく洗うようにしましょう。

 

保湿力の高いクレンジングクリームもおすすめ

ラッシュピュア ディープクレンジング(400ml)【ラッシュピュア】

プール後はしっかり保湿して肌荒れなしのお肌を目指そう

プールの塩素による肌への影響は、ほぼ乾燥のみということが分かりました。

 

つまりこの乾燥を予防するためにプール後、しっかりと保湿することが大事なのですね。

 

  • 保湿効果のある湯船に浸かる
    (シャワーでしっかり洗う)
  • 保湿クリームは必ずぬる
  • タオルは優しく使う

 

この3つを守るだけで、プールから乾燥による肌荒れを防止することができるのでぜひ実践してみてください。

 

 

haru
ご一読ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-プールの豆知識
-,

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5