プールの豆知識

【水泳選手の脱毛事情】アスリートの体には体毛は邪魔!毛の処理はどうしてる?

【水泳選手の脱毛事情】 アスリートの体には 体毛は邪魔! 毛の処理はどうしてる? (1)

今回の内容

 

水泳選手の体に毛がない理由

 

こんな方におすすめのページ

  • どうして水泳選手の体はつるつるなの?
  • 体毛がないことによってタイムは変わるのか
  • 毛の処理方法はどうしている?
haru
今回はこんなメッセージを頂きました。

世界水泳やオリンピックを見ていると、水泳選手の体には体毛がないことに気が付いた人は多いと思います。

 

女性はもちろん男性も、メダル獲得した時などのガッツポーズ時に脇の毛がないのを目にしますよね。

 

確かに見た目がきれいなので観ている側も気持ちよく観ることができますが、彼らの本当の理由は見た目だけではありません

 

体毛をなくしているのは、タイムが関係しているからなのです

 

勘違いされやすいですが、毎日プールに入っているから毛が減ってきているなどの理由でもないんですよ。

 

haru
今回は水泳選手と、毛の関係についてご紹介します。

 

あなたも体をつるつるにして試合に出場すれば、タイムが縮むかもしれません。

水泳選手が毛をなくす理由

 

水泳選手が毛をなくしているのはタイムが一番の理由ですが、実は他にもメリットがたくさんあるのです。

 

水泳選手でなくても、プールに行く人は知っておいた方が良いですよ。

水泳選手が毛をなくす理由

  • 水の抵抗を少なくするため
  • エチケットの一つとして
  • 水と皮膚の感覚を確かめるため

水の抵抗を少なくするため

水泳でタイムを上げるには、いかに水の抵抗を減らすかがカギとなってきます

 

それはコンマ数秒世界で戦う選手たちにとっては、いくら体に生えたわずかな毛であっても抵抗を増やしたくないのです。

 

全て無くすだけでたとえ0.01秒でも速くなるのであれば、迷わずに脱毛するでしょう。

 

日本の水泳界のスーパースターの北島康介選手も、試合前はヒゲがあるのも関わらず大会当日はきれいに剃って出場したのも、話題になりましたよね。

 

ヒゲを剃った結果かどうかは分かりませんが、見事金メダルを獲得していました

エチケットの一つとして

水泳は水着を着るので、男女ともに露出の多いスポーツです。

 

日本では女性はともかく、男性のムダ毛はあまり気にする人はいません。

 

しかし海外の特にヨーロッパなどでは、男性のムダ毛を不快と感じる人が多いそうです

 

haru
海外の温泉で、恥ずかしい思いをしたというエピソードをよく耳にしますね。

 

彼らにとっては、ムダ毛処理はエチケットの一つなのです。

水の中での集中力を高めるため

ムダ毛を処理すると、集中して泳ぐことができるようになります

 

ムダ毛を処理すると、肌が全く違う感覚になったことはありませんか?

 

分かりやすい例えは髪をみじかく切った後などは、風を感じることができたりシャンプーをするにも感覚が変わってきますよね。

 

それと同じで体毛がないと、水と肌の感覚を鋭く察知することができます

 

また、デリケートゾーンであれば蒸れも防止できるので、水着内も不快にならず泳ぎに集中することができます。

プールに入るなら知っておきたい毛の処理方法

カミソリ

メリットがたくさんあるムダ毛処理ですが、プールに入るにあたって処理方法を間違えると肌が荒れてしまいますので正しい方法で処理をしていきましょう。

プールに入るならカミソリはNG

一番手っ取り早くムダ毛処理できる簡単な方法はカミソリを使うことですが、プールに入るならば避けた方が良いです

 

カミソリは、刃を肌に当てて毛を剃っていきます。

 

この時一緒に肌表面も傷が付いてしまい、そこからばい菌が入る恐れがあります

 

カミソリ負けや、カミソリを使うと肌が乾燥するといった経験はありませんか?

 

この症状こそが、肌の表面に傷が付いてしまった証拠ですね。

 

さらにプールの水は塩素が入っているので乾燥しやすいので、注意が必要です

プールの塩素で肌荒れ?塩素がもたらす影響&お肌の守り方

プールで肌荒れするのではないか?と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?。   確かにプールに行くと、肌は塩素の ...

続きを見る

医療脱毛やサロンに行くのが一番

やはり医療脱毛や、サロンに行くのが一番おすすめです。

 

医療脱毛や、サロンに行くことで毎回プール前のムダ毛処理の時間を減らすことができるのでその時間分、練習時間も増えますし何より楽です

 

さらに背中などの手が届かない部分もきれいになりますし、肌荒れの心配もありません。

 

金銭的に難しい方でも脇だけなら1000円以内で、何度もできるサロンもありますよ。

男性の脱毛サロンも流行っています

水泳選手であれば、男性も脱毛サロンに通う方は多いです

 

男性は女性よりも毛の量が多いことから、期待できる効果は大きいでしょう。

 

特にヒゲや脇など特に毛が集中している部分だけでも脱毛すると、かなり水の抵抗が変わってくると思いますよ。

 

男性用サロンでおすすめなのは、エルセーヌMENメンズ脱毛RINXです。

 

エヌセーヌMENとは

IPL脱毛という種類の脱毛法を行い、広範囲で体に光を当てることができるので施術時間が比較的短いのが特徴です

全身脱毛するとなるとそれなりの時間がかかりますので、忙しいスイマーの時間短縮におすすめ。

公式HP

 

メンズ脱毛RINXとは

脱毛機械へのこだわりが非常に高く、独自開発された脱毛機械は男性専用のオリジナル機械を採用しています。

日本全国51店舗と最大級のメンズサロンですので、地方にもあるサロンです。

公式HP

 

haru
最近では学生の若いうちからケアをしている方もいるので、出遅れないようにしましょう。

おうちで脱毛もおすすめ

学生さんや一人暮らしの方は『脱毛に行く金が…』と言う方はおうちで脱毛もおすすめです。

 

試合の前日であれば、脱毛クリームの使用がよさそうですね。

 

特に脇に使うと剃るだけよりも、生えにくくなるので女性におすすめです。

女性におすすめ

created by Rinker
¥2,980 (2020/09/19 03:03:30時点 楽天市場調べ-詳細)

 

男性であればヒゲにも使えるものがおすすめ

 

男性におすすめ

created by Rinker
¥2,998 (2020/09/19 10:07:18時点 楽天市場調べ-詳細)

 

もう少し本格的に脱毛したいなら、脱毛器を購入するのもありですね。

 

お家で業務用のマシン

水泳選手はアンダーヘアも処理しているの?

ダイエットした女性

体の毛を無くせば水の抵抗がなくなるのであれば、アンダーヘアーは?と疑問に思いますよね。

 

実際に見たことがないので分かりませんが、水着を上から着るので水の抵抗はあまり関係ないのではないかと思います

 

北京オリンピックで話題になった『レーザー・レーサー(LZR RACER)』という超高速水着をご存知でしょうか?

 

足首まで全身を覆うタイプできついというかフィット感がものすごく、一人で着れないほど締め付けがすごいんです。

 

その締め付けのおかげで水の抵抗がなく、新記録を多数の選手がたたき出したという有名な水着なんです。

 

あまりにも多くの選手が新記録を出すので、国際水泳連盟のルール改定によって現在は使用してはいけないことになっています

 

しかしこの『レーザー・レーサー(LZR RACER)』とまではいかなくとも、現在のスピード水着は驚くほど水の抵抗を受けないように作られています

 

haru
各メーカーが研究し合って、競っているのですね。

 

このような水着のおかげで、アンダーヘア―などの水着に覆われている部分は毛の処理はしなくても水の抵抗はあまり変わらないでしょう。

 

最先端の高速水着

created by Rinker
¥35,640 (2020/09/18 13:57:59時点 楽天市場調べ-詳細)

実は水泳以外のスポーツ選手も脱毛済!?

 

水泳選手以外のスポーツ選手も、脱毛している人が多いそうです。

 

水の中でする競技ではないのに、脱毛しているスポーツは以下の通りです。

有名

  • ロードバイク
  • 競輪
  • フィギュアスケート
  • サッカー
  • マラソン

 

このスポーツの共通点としては、足をよく使うことです

 

彼らは足をけがしていては試合に出れないので、テーピングなどを利用する機会が非常に多いです。

 

その際に毛があると治療の邪魔になったりして、回復が遅れるかもしれません

 

他にもムダ毛がないことでユニフォームとの摩擦、蒸れなどの軽減にもなります。

 

TVで観ていても、選手の肌はつるつるなイメージがありますね。

水泳は脱毛することによってタイムアップが狙える

時計

体の毛を処理することで正確にタイムが何秒縮まるというのは分かりませんが、水の抵抗がなくなる分速くなることは間違いないでしょう。

 

また見た目からも清潔感を出すためには、アスリートの体にはない方が都合がいいですね

 

今回のまとめ

  • 水の抵抗を少なくするためにつるつるにしている
  • カミソリで肌が傷つき肌荒れする場合がある
  • 最近の水着は進化している


haru
ご一読ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-プールの豆知識
-

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5