プールの豆知識

【体の冷え対策】プールで体が冷える?不調になる前に知っておきたい話

【体の冷え対策】 プールで体が冷える? 不調になる前に 知っておきたい話

今回の内容

プールで体の冷えを解決する方法

 

haru
こんにちは、haruです。

 

水泳は体に良いことで、有名ですよね。

 

健康のためにプールに通っている、ダイエット目的でプールに通っているという人は多いんではないでしょうか。

 

ジムや屋内のプールであれば、水温は約30℃に設定してあります。

 

この水温、暖かいようで意外と冷たく長時間入っていると体が冷えてしまいます。

 

プールでの運動は確かに運動量も高く、冷えには無縁のように感じてしまいますが、このような人は少し危険です。

 

  • 主に水中ウォーキングをする人
  • プールでのおしゃべりが好きな人
  • 25mおきに休憩する人

 

体が冷えると、どんな悪影響が及ぶか知っていますか?

 

今回は体が冷えるとどうなるのか、またプールでの冷え対策をご紹介していきます。

 

体の冷えを解消するだけで、プールでの健康効果・ダイエット効果はかなりUPしますよ

 

そもそも入る前が寒い方はこちら

おすすめ
haru-blog
プールが寒い!簡単にできる寒さ対策があるのをごご存知ですか?

今回の内容 寒いプールの寒さ対策。   haruこんにちは、haruです。   ジムのプールが寒い 市民プールが寒い 学 ...

続きを見る

体が冷えるとどうなるの?

背泳ぎ

体温が1度下がるだけで体には、免疫力が低下し風邪をひきやすくなったり、基礎代謝が低下し太りやすくなると言われています。

 

他にも、このような影響があります。

  • 子宮が冷える
  • 便秘になる
  • 感染症にかかりやすくなる

子宮が冷える

プールで水の中にいると、子宮が冷えてしまいます。

 

子宮が冷えると、生理痛がひどくなったり生理不順になってしまいます。

 

冷えでの生理不順は、予定よりも遅れてくることが特徴です。

 

冷えは不妊の原因にもなるので、若い女性は特に注意してください。

 

haru
私も以前、生理不順で病院に行ったことがあるのですが、毎日プールに入っているのが原因と言われました。

便秘になる

体が冷えると、血行が悪くなってしまいます。

 

血行が悪くなると内臓に送られる血液も少なくなり、小腸や大腸の働きが鈍くなってしまいます

 

その結果、便秘になりお肌などにも悪影響をもたらしてしまうのです。

 

食生活や水分が足りてないという理由で、便秘になることは多いですが冷えも便秘の大きな原因です。

感染症にかかりやすくなる

体の冷えは免疫力が低下するので、アレルギー性の疾患にかかりやすくなります。

 

例えば

  • 花粉症
  • インフルエンザ
  • アレルギー性鼻炎

 

せっかくプールで体を健康にしようとしても、体を冷やしたままにするとこのような病気になりかねません。

プールでの冷え対策

プール

プールでガツガツ泳ぐ以外の方は、知らないうちに体が冷えている可能性があります

 

冷え対策を行わないと、先ほどご紹介したような不調になりかねません。

 

プールでの冷え対策

  • プール後にお風呂・サウナに入る
  • プール後に暖かい飲み物を飲む
  • プールに入る時間を少し短くする

プール後にお風呂・サウナに入る

一番有効な方法は、プール後にお風呂、もしくはサウナで体を温めることです。

 

ジムなどのプールには暖かいジャグジープールが設置してあるところが多いので、プール後に10分でもいいので浸かることを日課にしましょう

 

ジャグジープールが無くても、体をシャワーで流しサウナに5分入るだけでも、効果は抜群です。

 

ジムのサウナの利用方法

おすすめ
ジムのサウナの 利用方法
【サウナの入り方】ジムでのサウナの知っておきたい利用方法

今回の内容 ジムのサウナの利用方法   haruこんにちは、haruです。   最近ではジムの設備の一つとして、サウナが ...

続きを見る

プール後に暖かい飲み物を飲む

運動後は冷たい飲み物を飲みたくなりますが、プールでの運動後は暖かい飲み物を飲みましょう。

 

生姜やココアは体を温めるのに非常に効果がありますが、あまり甘いものは返って体に悪いので気をつけましょう。

 

白湯や暖かいお茶を小さな水筒に入れて、飲むのがおすすめですよ。

プールに入る時間を少し短くする

プールで水中ウォーキングを、1時間以上するのはやめましょう。

 

有酸素運動は20分後に脂肪燃焼効果が出ると言われていますが、有酸素運動を始める前に少しでも無酸素運動をすればすぐに脂肪燃焼効果が出始めます

 

1時間以上プールで歩くよりも、事前に筋トレなどの無酸素運動を行ってからプールに入りましょう。

 

プールの中でする、アクアビクスもおすすめです。

アクアビクス

おすすめ
アクアビクスは 痩せるのか 実際に聞いてみた
【口コミ結果】プールでアクアビクスは痩せるの?実際に調査した結果

今回の内容 アクアビクス(水中運動)は痩せるのか?魅力はなんなのか?実際に聞いてみました。   haruこんにちは、ha ...

続きを見る

プールに入ると冷え性が治る

プール

ここまで『プールは体を冷やす』とご紹介してきましたが、実は冷え性にはかなり効果的なのです。

 

haru
私も水泳で冷え性が治った一人なので、かなり自信を持って効果的だと言えます。

 

先ほども言いましたが、プールの温度は約30℃です。

 

この温度の中で歩いたり泳いだり体を動かすことは、基礎代謝の向上に非常に効果的なのです。

 

さらに水圧で体の血液は巡りに回り、冷えやすい爪先や、指先にも血液が送られます。

 

冷え性の原因は基礎代謝が低いことと、血行が悪いことが原因です。

 

プールに上がってすぐに冷え対策をしていれば、冬でも指先までポカポカな体が手に入りますよ

体の冷えは万病の元

ナース

プールに限らず、冷えは万病の元です。

 

水泳は体に良い効果をたくさん与えてくれるスポーツですが、水の中でするという少ないスポーツの1つです。

 

少ないスポーツの1つだからこそ、メリット、デメリットは頭に入れておきましょう。

 

今回のまとめ

  • 体が冷えると、生理不順・不妊になる恐れがある
  • 体が冷えると、便秘や感染症になりやすくなる
  • プール後に、お風呂やサウナに入ると予防になる
  • しっかりと予防すれば、冷え性も改善できる

 

プールとサウナの順番

おすすめ
プールとサウナの順番は?
プールとサウナの順番は?「プール→サウナ」で入るのがおすすめ!

今回の内容 プールとサウナの順番   haruこんにちは、haruです。   プールのある施設には、ほとんどサウナがあり ...

続きを見る

haru
ご一読ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-プールの豆知識

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5