お風呂

【お風呂で改善】お風呂の驚くべき生理痛への効果

【お風呂で改善】生理痛はお風呂に入ると改善されるかも? (1)

今回の内容

生理中のお風呂の効果

 

haru
こんにちは、haruです。

 

あなたは生理中のお風呂は、どうしていますか?

  • 湯船に浸かると血が出そう

  • 雑菌が心配

  • 家族に迷惑をかけそう

など、いろいろ考えてしまいますよね。

 

しかし生理の時こそ、湯船に浸かって体を温めましょう

 

湯船に浸かれば身体を温めると血行が良くなるので、生理痛の痛みが和らぎます。

 

湯船に浸かるのに抵抗がある人は、足だけ洗面器などに浸けて足湯にするだけでも効果があります

 

今回は生理の時でも、お風呂入った方がいい理由をご紹介します。

 

お風呂に入り体を温めるだけで、生理痛が改善される可能性があるのでやってみる価値はありますよ。

生理の時のおすすめの入浴法

お風呂

生理の時の入浴法入浴は、全身浴でも半身浴でもOKです。

 

ポイントはとにかくゆっくりと、湯船に浸かって身体を温めましょう

 

ただし、あまり熱いお湯は避けましょう。

 

温度は40℃~42℃くらいが、おすすめです。

 

湯船には、15分は浸かるとさらに効果がUPします。

ポイント

  • 温度は40℃~42℃
  • 時間は15分

お風呂が生理痛やPMSに効果がある理由

お風呂の泡がついた足

PMSとは

前略生理がはじまる3~10日ぐらい前から起こる不快な症状で、身体的なものから精神的症状まで実にさまざまな症状が現れます。生理がはじまるとうそのように症状が消えてしまうのもPMSの特徴のひとつです。後略

PMSとは何ですか? | オムロン式美人

お風呂に入ることで子宮が温められ、生理痛やPMSに効果があります。

 

さらに、お風呂に入ることによって

  • 血行を良くしホルモンのバランスを整える
  • 内臓の冷えまでも解消できる
  • リラックス効果でイライラが治る

このような、メリットがあります。

血行を良くしホルモンのバランスを整える

生理時の頭痛やイライラ、腹痛、生理前の嫌な症状(PMS)の原因は、ホルモンバランスが乱れることによって起こるものです。

 

お風呂にゆっくりと浸かり身体を温めることで、血行を良が良くなり女性ホルモンが体の隅々まで運ばれます。

 

さらにストレスや不眠も、ホルモンのバランスを崩す原因になります。

 

湯船にゆっくり浸かることは、安眠効果やリラクゼーションの効果もありますので生理の時でも、湯船に浸かりましょう。

 

寝付きが悪い人はこちら

おすすめ
【眠れない人必見!】 お風呂の入り方を 変えると快眠に効果的
【眠れない人必見!】お風呂の入り方を変えると快眠に効果的

今回の内容 眠れない人におすすめな入浴方法   haruこんにちは、haruです。   次の日仕事で朝早く起きないといけ ...

続きを見る

内臓の冷えまでも解消できる

毎日お風呂で浸かる習慣のある人は便秘にもなりにくく、内蔵全体の血流を良くするので、生理時の不快な症状や生理痛の痛みが現れにくいです。

 

どうしてもお風呂で湯船に浸かるのが嫌な人は、足湯とシャワーを併用すると良いでしょう

リラックス効果でイライラが治る

生理中はイライラして、気が立ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

生理で精神的な変調が起こるのは、仕方のないことです。

 

家族や会社の人に迷惑をかけるのも良くないので、お風呂に入ってしっかりとリフレッシュしておきましょう。

 

しっかりとリフレッシュすることで、次の日のイライラが少しマシになるでしょう

 

またイライラではなく鬱気味になる人にも、効果があります。

生理中にお風呂に入るのが心配

女性のお腹
  • 生理中に湯船に浸かってもいいの?
  • 頭痛がある時も入浴していいの?
  • 湯船に浸かると雑菌が入ってきそう

このような不安を持っている方も多いと思いますので、お風呂の注意点として説明します。

生理中に湯船に浸かってもいいの?

水の中は水圧がかかっているので、経血が流れ出ることはありません。

 

ただし湯船から出るときなどに、溜まっていた経血が一気に流れ出ることがあるので大浴場などは気をつけましょう

 

できれば生理中は公共の大浴場の利用は避け、どうしても避けられない場合は絶対にタンポンなどを利用しましょう。

生理痛で頭痛がある時は入浴は避けよう

生理の時の頭痛は、入浴によって血管を広げ症状が悪化する場合がありますので、頭痛がある時は熱めのシャワーにしておきましょう。

 

この時体はシャワーをかけ、足だけ洗面器などにお湯をはって足湯にするのがおすすめですよ。

湯船に浸かると雑菌が入ってきそう

生理中で身体の抵抗力が落ちている可能性は、ないとは言えません。

 

しかし膣内に、お湯が入っていくようなことはありませんので安心してください。

 

気になる人は、家族の誰かがお風呂に入る前に先に入るなど工夫しましょう。

生理中こそお風呂に入ろう

女性

生理中は子宮が冷えているので、シャワーだけで済ませるよりも湯船に浸かるのが正解です。

 

今回のまとめ

  • 温度は40℃~42℃
  • 時間は15分
  • お風呂は女性ホルモンのバランスが整う
  • 湯船で、経血が流れ出ることはない
  • 頭痛がある時は入浴は避ける

 

生理中は、心身共に不安定になりがちです。

 

お風呂で体を温めて血行を良くし、リラックスするだけでストレスが緩和され、生理痛などの症状は改善されます

 

お気に入りの、入浴剤などを入れてみるのも効果大ですよ。

 

お風呂を上手に活用して、生理中の不快な症状や生理痛を吹き飛ばしてしまいましょう。

お風呂は首こりも解消

おすすめ
お風呂で首コリ解消
【お風呂で解消】辛い首こりにおすすめなお風呂の入り方

事務作業や日々の家事で肩はもちろんですが、首のコリに悩んでいませんか?   実はこの首こりなんと、女性の7割男性の4割も ...

続きを見る

haru
ご一読ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-お風呂
-

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5