プールの豆知識

【3分で読める!】子連れでプールに行くときに持っていく物一覧

子連れでプール 持っていく物 一覧

今回の内容

3分あれば読める!子供とプールに行くときに持っていくもの

 

夏といえばお子さんと市民プールや、レジャープールにいく人も多いのではないでしょうか

 

しかしいざ行くとなると、一体何を持っていけばいいのか分からなくなりませんか?

 

haru
実際にプールに行ってみて忘れ物をしてしまった…と後悔する前に、事前に準備しておくものをリスト可したみました。

 

  • プール行く時絶対に必要なもの
  • あれば便利なもの
  • 持っていくと更にプールが楽しめるもの

 

今回はこの3つをベースに、ご紹介したいと思います。

 

プールに到着してから忘れ物に気が付く前に、しっかりと必要なものを事前に揃えておきましょう。

子連れでプールに行く時に絶対に持っていく物

水着の子供

それではまず、絶対に必要な物のご紹介です。

 

絶対に必要な物

  • 水着
  • バスタオル
  • ラップタオル
  • 水泳キャップ
  • ゴーグル
  • 日焼け止め
  • 着替え
  • 濡れた水着を入れる袋

水着

水着は動きやすいものはもちろんですが、屋外のプールに行く時は日焼け対策になる物が良いでしょう

 

日焼け止めを嫌うお子さん、肌が弱い子供にはウォータープルーフタイプの日焼け止めは肌荒れの可能性があります。

 

またプールによっては日焼け止めは禁止されている施設もあるので、注意しましょう。

 

そんな時は下記のページをご覧ください。

女の子用のおすすめ水着

女の子はトイレに行く時のために、セパレートタイプがおすすめです。

 

また長袖なので、日焼け跡がついたりする事もないですよ。

水着 女の子 スイムウェア 長袖 セパレート

赤ちゃん用の水着

赤ちゃん用の水着はAmazonや楽天で購入でも良いですが、品質が悪く伸びやすいものやサイズ表記が曖昧なものが多いのでできればキッズ用品専用のサイトで購入しましょう。

 

【I love baby(アイラブベビー)】 では安くて、サイズ表記などもしっかりあるのでおすすめです。

 

水着以外の様々なベビー用品を扱っているので、まとめて購入しておくと良いかもしれません。

 

\キッズ用品のセレクトショップ /

アイラブベビー

おしゃれでかわいい!!

バスタオル・ラップタオル

どちらか、1つでいいのでは?

 

と思いがちですが、ラップタオルの方が吸水性が高いので子供にはラップタオルを使うことをおすすめします

 

haru
学校で使っているもので十分です!

水泳キャップ・ゴーグル

水泳キャップは、市民プールでは必需品です。

 

無いと入れません。

 

大人も同様なので、ゴーグルとセットのものを買うと良いですよ。

日焼け止め

屋外のプールであれば、日焼け止めは必須です。

 

もちろんウォータープルーフ出ないと意味がないので、ウォータープルーフを使用しましょう。

 

絶対焼かない日焼け止めといえばアネッサですが、こちらは子供にも使えるマイルドタイプで新登場しました。

日焼けしやすい人はこちら

着替え・濡れた水着を入れる袋

着替えは意外と忘れやすく、特に下着が忘れやすいので気を付けてください。

 

濡れた水着を入れる袋は、スーパーやコンビニなどのビニールで良いですが、ゴーグルなどの小さいものを入れるならジップロックがあると便利ですよ。

子連れの時にプールに持っていくと便利な持ち物

男の子

続いて必需品とまではいきませんが、あると便利なものをご紹介します。

 

あると便利なもの

  • 水遊びおむつ
  • 日よけテント
  • 防水タイプのレジャーシート
  • ラッシュガード・サングラス
  • サンダル
  • 全身使える石鹸(シャンプー)
  • 救急セット
  • マリンカプセル・防水ポーチ

水遊びパンツ

小学生以下の小さなお子さんがいる方は、水遊びパンツがあると便利です。

 

ほとんどのレジャープールは入れますし

 

万が一プールの中で…

 

水の中に、広がらないので安心ですよ

 

水の中に入ってもふくらまない構造になっており、サイズもS,M,Lとあります。

日よけテント・防水タイプのレジャーシート

休憩しようとプールサイドに出ても、日陰がない…

 

レジャープルによっては持ち込みOKなので、ポップアップ式のワンタッチで完成できるテントがあると便利です。

 

持ち込み不可の場合はレジャーシートがあると、座った時にアスファルトの暑さを感じずに済みます。

ワンタッチ日除けテント ポップアップテント

ラッシュガード・サングラス・サンダル

先ほど紹介した、長袖タイプの水着でない場合はラッシュガードを持っていきましょう。

 

更に紫外線は目からも入ってくるので、UVカット対応のサングラスも持っていくと安心です。

 

小さなお子さんはプールサイドは滑りやすくく怪我しやすいので、ビーチサンダルよりもしっかりとしたサンダルを持っていきましょう。

紫外線は目から入ります

全身使える石鹸(シャンプー)

プールではシャワーは水洗いだけでは、塩素が落としきれませんので全身に使える石鹸があると便利です。

 

子供の肌にも使える、優しいタイプはこちらです。

ドクターブロナー Dr.Bronner's マジックソープ ベビーマイルド

救急セット・マリンカプセル・防水ポーチ

絆創膏や消毒液が入った救急セットがあると、怪我をした時も安心です。

 

更に喉が渇いた時などに、小銭を入れるケースや防水ポーチがあると更衣室まで戻らなくていいのでおすすめですよ。

GULL(ガル) マリンカプセル 簡易防水

プールに持っていくと子供が楽しめる物

親子

レジャープルに行く場合は、遊び道具もあると更に楽しむことができます。

 

  • 浮き輪
  • ビーチボール
  • クーラーボックス
  • お菓子やジュース
  • スマホ防水ケース

 

浮き輪・ビーチボール

王道ですが浮き輪とビーチボールは、水があってこそのアイテムです。

 

海だけではなくぜひプールにも、持っていきましょう。

クーラーボックス・お菓子・ジュース

プールって思った以上に、お腹が空くんですよね

 

もちろん喉も渇くので、クーラーボックスにジュースやお菓子を入れておくと、休憩しながらつまむことができますよ。

子連れでプールに行くなら持っていく物の確認は重要!

浮き輪

やはり子供はプール、海に連れて行ってあげると非常に喜びます。

 

プールに行って忘れ物が無いように、事前に準備することは大切ですよ。

 

最低限、絶対に必要なものだけでもチェックしておきましょう。

 

必需品

  • 水着
  • バスタオル
  • ラップタオル
  • 水泳キャップ
  • ゴーグル
  • 日焼け止め
  • 着替え
  • 濡れた水着を入れる袋

 

haru
ご一読ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-プールの豆知識
-,

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5