お風呂

【お風呂で花粉症の改善】お風呂で花粉症が改善できる魔法のような効果とは

【お風呂で花粉症の改善】 お風呂で花粉症が改善できる魔法のような効果とは (1)

今回の内容

花粉症の人はお風呂に浸かるのがおすすめ

 

haru
こんにちは、haruです。

 

  • 花粉症で毎年辛い時期がある
  • 家の中までも鼻水や涙が出る
  • 薬も効果的だけど、他に効果のある方法はないの?

 

花粉症の人はいくらマスクやメガネをしても、あまり効果がなく毎年辛いですよね。

 

花粉症の対策をするには、アレルゲンとなる花粉に触れないことです

 

とはいっても毎日の生活の中で花粉の時期に花粉に触れないということは、中々難しいのが現状です。

 

アレルゲンはアレルギーを起こす原因となる物質のことで、外に出ると服や髪、顔など、その他にもあらゆるところに花粉が付着します。

 

そして何も知らずに帰宅すると、このアレルゲンをそのまま部屋の中に持って帰ってしまう事になります。

 

玄関先で付着した花粉を振り払っても、完全に取り払うことは出来ません

 

そんな時には、シャワーやお風呂の活用をしてみましょう。

 

お風呂に入ることで、花粉症の症状が改善されることもあるのですよ。

花粉症にはお風呂が効果的

お風呂に入る女性

花粉を洗い流すには、お風呂が効果的です。

 

体についた花粉はもちろん、髪の毛についた花粉までも取り除くことが出来ます。

 

さらにシャワーやお風呂に入っている時の湯気には、花粉症の症状を和らげる効果があるのです。

 

シャワーやお風呂に入った時に湯気を吸い込むと、鼻の内側に湿り気が出てきます。

 

そうすると、鼻の粘膜についている花粉を取り出しやすくなり、さらに一時的に鼻腔の充血を改善し、鼻づまりを改善することができます。

 

お風呂やシャワーを浴びる時には、鼻から湯気を吸い込むことを意識すると効果的です

 

仕事から疲れても、出来るだけ早くお風呂に入るようにしましょう。

効果的な入浴方法

タオルとシャンプー

体をきれいに洗ったら、38~40℃のぬるめのお湯に10分~15程浸かります。

 

お湯に浸かるだけでも鼻腔内は温まって保湿されるのですが、タオルを使うと効果を上げることができます。

 

お湯に浸したタオルを絞ってから、鼻にあてて呼吸をします。

 

鼻腔内を保温しながら保湿することで、鼻のムズムズが楽になりますよ。

ポイント

  • お湯の温度38~40℃
  • 10分~15分浸かる
  • タオルを鼻に当てると効果アップ

 

花粉症の対策はアレルゲンの花粉を除去することですが、その他にも体の疲れを取ることや体調を整えることがとても大事です。

 

疲労が溜まると、アレルギー症状は悪化します

 

職場が変わったり、引っ越しやその他の環境の変化など、疲労の原因となる大きな出来事があった後には、花粉症が悪化するという方もいます。

お風呂に入る時の注意点

シャワーやお風呂に入る時、お湯の温度を熱くしすぎると逆効果になるので注意が必要です。

 

42度を超えるくらいの熱いお湯で入ると、アレルギー症状を悪化させる原因となる「ヒスタミン」という物質がでてきてしまい、花粉症の症状が悪化しさせてまいます。

 

温度を上げて長湯することは、花粉症改善に逆効果になってしまうので注意しましょう。

お風呂上りに花粉症が酷くなる原因

スギ花粉

お風呂から上がると鼻水とくしゃみがずっと続いてしまう。そして目が痒くてたまらない!

 

このように花粉が悪化するので、湯船には浸からない方がいいと思っている人は多いようです。

 

しかしお風呂上りに花粉症が悪化する原因は、はっきりしています。

花粉症が悪化する原因

  • バスタオルに花粉がついている
  • ヒスタミンの影響で花粉が悪化する

バスタオルに花粉がついている

お風呂でせっかく綺麗に花粉を流しても、バスタオルに花粉が付着している場合があります。

 

さらにパジャマなどに花粉がついていれば、風呂に入った意味が全くありません。

 

花粉がひどい時期は、洗濯物を外で干すのは避けた方がいいでしょう

ヒスタミンの影響で花粉が悪化する

先ほども少しご紹介しましたが、熱いお湯に浸かることで発生するヒスタミンという物質が花粉症を悪化させている可能性があります。

 

お風呂上がりに花粉症がひどくなる人は

お風呂に入ると花粉が改善する

この情報だけで、温度をあまり気にしていなかったのではないですか?

 

温度はくれぐれも42℃以下にして、このヒスタミンが発生しないようにしましょう

花粉症に悩んでいる人はお風呂に入ってみよう

お風呂の泡がついた足

花粉症に悩んでいる人ほど、お風呂はシャワーのみ、あるいは暑い湯船に浸かるのが好きよいう人は多いです。

 

知っていると知らないでは、花粉との付き合い方は全く違ってきます。

今回のまとめ

  • 帰宅後は出来るだけ早めにお風呂に入る
  • 湯気には花粉症の症状を和らげる効果がある
  • お湯の温度38~40℃に設定する
  • 花粉がひどい時期は、洗濯物を外で干さない

どうせ毎年やってくる花粉シーズンなので、お金を出来るだけかけずに毎日のお風呂で少しでも改善させていきましょう。

 

haru
ご一読ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-お風呂
-

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5