プールの豆知識

【プールの水の濁り】プールの水の交換頻度ってどのくらい?

【プールの水の濁り】プールの水の交換頻度ってどのくらい? (1)

今回の内容

プールの水の濁りについて

こんな方におすすめのページ

  • いつもより今日はプールの水が濁っていると感じる日がある
  • この濁りの原因って何?
  • プールの水ってどうやって交換しているの?

毎日のようにプールに通っている人は『今日は水が綺麗』や『今日は水が濁っているな』と感じたことはあると思います。

 

なんとなく濁っていると、少し嫌な気持ちがしますよね。

 

毎日のように水を入れ替えて欲しいのが、利用者の本音ですがプールの水の入れ替えには水道代だけで約30万円以上かかってしまします

 

30万円以上かかっってしまっていては、頻繁に水を入れ替えることはできません。

 

そんなプールの水ですが、どのようにして水を綺麗に保っているのでしょうか?

 

今回は、プールの水の謎についてご紹介します。

プールの水の汚れの原因

プール

プールの汚れには人間の目に見えない汚れと、見ることのできる汚れがありますが、簡単に言うとどちらも人間の汚れが水に浮かんでいると言うことになります。

 

haru
人間の汗やあか、おしっこもですかね。

 

つまり目に見える汚れは、多くの人間が水に入ったのが原因です

 

他にもプールの水のpH調整のために『凝集剤』を入れるのですが、分量を間違えたりすると白く濁ることがあります。

 

目に見えない汚れは体に害がある?

目に見える汚れは特に体に害はないのですが、目に見えない汚れは体に害があります。

注意

  • ウイルス
  • 大腸菌
  • アデノウィルス

 

私たち利用者にはどうしようもできませんが、プールでは1hに1回遊離残留塩素の濃度を測定をしていますので、安心して利用しましょう。

プールの水の交換頻度

ゴーグル

プールの水の交換頻度は施設によって違いますが、大体3ヶ月に1回すればいい方です

 

haru
私の通っているプールは、お盆休みとお正月、GWに変えているそうです。

 

せめて毎月変えてくれ』と思いがちですがプールの水の入れ替えは、一言に水を入れ替えるだけではありません。

 

まずあの大きなプール(25m)の水を抜くには、まる1日かかります

 

そして水を抜けば、プールの底や壁を掃除しなければなりません。

 

学生時代みんなでプールの掃除をした記憶があると思いますが、あの大人数でやってもこれまた1日はかかるでしょう。

 

さらにプールの点検も、この間にしなければなりません。

 

そして実際に水を入れていくわけですが温水プールの場合、温めながら水を入れるので3~4日はかかってしまします

 

つまりプールの水の入れ替えは、5~6日くらいかかる大掛かりな作業なのです。

 

haru
水道代だけで30万なので、ガス代を入れたらすごい額(おそらく100万円以上)になりそうですね。

大体のプールのは濾過装置がある

3ヶ月以上水を入れ替えていないプールですが、水を綺麗に保つために濾過装置を使っています。

前略ポンプによってプールから引き出されたプール水が、集毛器で大きなゴミを除かれ、ろ過されて澄んだ水となり、最後に滅菌器から注入される塩素によって滅菌されてプールに環流します。後略

水質管理設備の仕組み | プール管理に役立つ情報が満載!学校プールドットコム

さらに詳しく

屋外のプールはろ過装置がない場所も多いですが、水を少しずつ足してプールからわざと溢れ出させ循環させています。

プールの水質管理は厳しい

プールの水質管理はかなり厳しく、事細かく決められています。

例えば?

  • 水素イオン濃度
  • 濁度
  • 過マンガン酸カリウム消費量
  • 大腸菌群

などの数値

 

このような厳しい基準をクリアするために濾過装置以外にも、オゾン殺菌や塩素などで日々プールの水を綺麗に保っています。

一般的に使われる塩素

  • 次亜塩素酸ナトリウム液
  • 次亜塩素酸カルシウム
  • 塩素化イソシアヌル酸
haru-blog
プールのにおいの正体、塩素ではなく『おしっこ』なんです。

今回の内容 プールの塩素のにおいの正体 haruこんにちはharuです。   プールの塩素のにおい、独特ですよね。   ...

続きを見る

プールの水は飲んでも大丈夫?

プールに入る男の子

プールの水は、基本的に飲んでも大丈夫です

 

今日は見るからに水が濁っている!でも呼吸時に水をたくさん飲んでしまった!』と不安思うかもしれませんが、先ほどもご紹介した通りプールの水は水質管理が行われている綺麗なお水です。

 

確かにスイミングで小さなお子様や、ご老人がおしっこをすることもあるでしょうが、そんなことは誰もが想定済みです

 

想定しているからこそ、塩素など消毒液を入れているのです。

 

以前、幼稚園くらいの小さな子がおもちゃのコップで水をガブガブ飲んでいるのを見たことがあります。

 

監視員に知らせたところ、よくある事なんだとか…。

 

下痢などの症状は出たとしても、病気になるようなことはないそうです。

 

haru
ちなみに1500mの長距離を泳ぐ選手は、水分補給に途中でわざとプールの水を飲むこともあるそうですよ。

プールの水は水質管理されているので安心

水着の女性

プールのお水の交換頻度はそんなに多くはありませんが、濾過装置や消毒剤、さらにスタッフの方々の日々の水質測定で綺麗に保たれているのですね。

 

濁っている日もあれば綺麗な日もある、目に見える汚れは体に害はないのであまり気にしない方が良さそうです。

 

今回のまとめ

  • 水の汚れは人間の汚れ
  • 水の交換は大体、3ヶ月ごと
  • プールの水の水質検査は厳しい
haru
ご一読ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-プールの豆知識
-

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5