泳ぎ方

【平泳ぎの泳ぎ方・息継ぎ】23年間泳げなかった私が泳げるようになった方法

【平泳ぎの泳ぎ方・息継ぎ】 23年間泳げなかった私が 泳げるようになった方法

今回の内容

平泳ぎの息継ぎのやり方

 

haru
こんにちは、haruです。

 

平泳ぎの呼吸で、なかなか上体が上がらなくて苦戦している人も多いのではないでしょうか。

 

思いっきり上体をあげると、周りから『あの人の平泳ぎなんだか苦しそう』と思われお世辞にもかっこよく泳げているとは言えません。

 

そして無理に上体を起こすことによって、腰を痛めてしまうかもしれませんので正しく息継ぎをすることは非常に大切です。

 

今回は正しい平泳ぎの呼吸方法について、ご紹介していきます。

 

前回の平泳ぎのタイミングがまだの方は、先にタイミングの練習をすることをおすすめします。

まだの方はこちら

タイミング
【平泳ぎの泳ぎ方・タイミング】23年間泳げなかった私が泳げるようになった方法 (1)
【平泳ぎの泳ぎ方・タイミング】23年間泳げなかった私が泳げるようになった方法

今回の内容 平泳ぎの呼吸なしの泳ぎ方の練習   haruこんにちは、haruです。   平泳ぎは手と足のタイミングのバラ ...

続きを見る

キック
【平泳ぎの足・キック】23年間泳げない私が泳げるようになった方法 (1)
【平泳ぎの足・キック】23年間泳げない私が泳げるようになった方法

今回の内容 平泳ぎができない人のための足の使い方   haruこんにちは、haruです。   クロールはできるけど、平泳 ...

続きを見る

腕の使い方
【平泳ぎの手・腕の使い方】23年間泳げない私が泳げるようになった方法 (1)
【平泳ぎの手・腕の使い方】23年間泳げなかった私が泳げるようになった方法

今回の内容 平泳ぎができない人のための手や腕の使い方   haruこんにちは、haruです。   前回は平泳ぎができない ...

続きを見る

平泳ぎの息継ぎのコツ

平泳ぎ

平泳ぎの息継ぎのコツ

  • 前は見ない、水面を見る
  • 頭をしっかりと水に入れる
  • 無理に上体を上げようとしない

息継ぎをする時、正面を見るのはNGです。

 

テレビや上手い人の泳ぎを見ていると、正面を見ている気がしますが彼らは正面は見ていません。

 

斜め下の、水面を見ています

 

なのでもちろん25m先のプールサイドは見えませんし、床のラインなどがなければ自分が今何m泳いでいるかさえも、分からないでしょう。

 

haru
上手い人は、ストローク数などで分かります。

 

そして息継ぎが終わり、頭を入れてストリームラインになるときは顎が上がりがちなのでしっかりと顎を下げて頭を水に入れましょう。

 

ストリームライン

おすすめ
泳げるようになる方法【蹴伸び】23年間泳げなかった私がした練習法

今回の内容 カナズチを克服したい人に向けたお話。 haruこんにちは。haruです。   23年間泳げなかった私が24年 ...

続きを見る

 

さらに上手い人を見ていると、かなり上半身が浮いているように見えるので思いっきり上体を起こす人がいますが、腰を痛めるのでやめましょう。

 

水の抵抗にもなり減速するほか、見た目も非常にかっこ悪いです。

息継ぎの練習方法

ゴーグル

平泳ぎの息継ぎの練習方法を、ご紹介します。

 

練習方法

  • 手で補助をしながら息継ぎをする
  • バタ足ブレ
  • ドルフィンブレ
  • コンビネーション

手で補助をしながら息継ぎをする

最初は前回の【平泳ぎの泳ぎ方・タイミング】でも似たような練習をしましたが、手の補助をつけながら体を上げていきます。

 

タイミングと息継ぎをする時の目線を、確認しながら泳いでみてください。

 

haru
目線は斜め下、タイミングは足と別でしたね。

 

さらに息継ぎ後は、しっかりと頭を水に入れることが大事です。

動画で確認

バタ足ブレ

次は足はクロールのバタ足をしながら、手は平泳ぎをしていきます。

 

一見難しそうですが、タイミングがないので呼吸の練習にはもってこいです。

 

腕をかき始めたと同時に、頭を上げて呼吸しましょう

 

さらにタイミング練習と同様伸びる時間は作って泳いでみます。

 

動画で確認

ドルフィンブレ

次は足はバタフライのキック、ドルフィンキックで手は平泳ぎで泳いでいきます。

 

私ドルフィンキックできない』という方は、進まなくてもいいので両足でキックしてみましょう。

 

haru
フィンをつけると、練習しやすいです。

 

こちらはタイミングの練習と、体を水の中に突っ込む意識付けをするための練習です。

 

動画で確認

コンビネーション

最後にコンビネーションで、泳いでみましょう。

 

特に大事なポイントは

  • 手と足を別々にする
  • 目線は斜め前
  • 伸びる時間を作る

この3つです。

 

すぐにはできるようになりませんが、何度も何度も練習しましょう。

動画で確認

体が沈む、もしくは上体が上がらない

子供の平泳ぎ

息継ぎをしたいけど、体が持ち上がらないという人はかなり多いです。

 

これは持ち上げよう、という意識が強いからです。

 

よく考えてみてください。

 

ベットでも床でもいいのですが、うつ伏せに手を上げて寝っ転がります。

 

その後平泳ぎをするように合掌すると、自然と体は少し上がりますよね

⇦うつ伏せ

プランク

⇦合掌する直前

体は起こそうとはせずに、合掌することで上体を浮かすことができます。

 

この時、肘をくっつけるようにすると良いですよ。

 

haru
さらにキックを斜め下に向かって蹴ると、息継ぎしやすくなります。

平泳ぎで25m泳いでみよう

スイマー

平泳ぎはタイミングとキックさえできてしまえば、難しい泳ぎではありません。

 

今日はキック、明日はストローク、などと練習を段階を踏んですると必ず泳げるようになりますよ。

 

今回のまとめ

  • 前は見ない、水面を見る
  • 腕を動かすと同時に頭をあげる
  • 無理に体を起き上らせない

 

ポイントをしっかりと抑えながら、25m平泳ぎ完泳目指してくださいね。

 

むくみ解消にもおすすめ

おすすめ
【プールで下半身のむくみを解消】美脚&足痩せにむくみは大敵

今回の内容 なぜ下半身のむくみ解消に水泳はおすすめなのか、おすすめのむくみ解消方法   haruこんにちは、haruです ...

続きを見る

 

haru
ご一読ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

haru

職業 : 水泳ブロガー&ココナラプラチナランク&ダイエット料理YouTuber 当ブログ管理人haruは23年間カナヅチで泳げなかったのですが、24歳で泳げるようになりマスターズ水泳大会まで出場できるようになりました。 YouTuberではダイエットレシピを紹介中(調理師免許持ち)

-泳ぎ方
-, ,

© 2020 haru-blog Powered by AFFINGER5